腸内細菌のためにやってはいけないこと

保存料は細菌の増殖を抑えます。消毒剤は細菌を殺します。抗生物質も細菌を殺します。

腸内細菌は人が生きていくために必要な、体中で使うあらゆる物質を作っているのにそれを殺すものは安全でしょうか。

皮膚常在菌も病原性細菌の侵入を防ぐ

口からお尻の穴まで、細菌はバリアを張り巡らし病原性細菌の侵入を防いでいます。

同じように皮膚常在菌も私たちの皮膚にあますことなくバリアを張り巡らしています。彼らは何をしているかというと、皮脂を食べて脂肪酸とグリセリンを作っています。これは保湿の役割を担い、肌がカサカサにならないように私たちの肌を守ってくれています。

また、様々な菌がひしめき合って拮抗状態であるため、病原性の菌が来たとしてもエサがなく生きていけません。バランスが良い状態であれば、病原菌ですら皮膚を守る働きをしてくれることもあるのです。

歯磨き粉やマウスウォッシュで虫歯・歯周病・口臭が悪化するワケ

歯磨き粉やマウスウォッシュには殺菌剤が入っています。虫歯予防や口臭予防のためにと一生懸命殺菌すると、口の中にいる細菌たちは死んでしまうため口内の細菌バランスは最悪になってしまいます。

虫歯の原因菌は、殺菌剤に足して耐性をもつ耐性菌となりどんなにケアをしても虫歯を予防することは出来なくなります。同じように口臭の原因となる菌も耐性菌となってしまい、どんなにケアをしてもすぐ匂う口の出来上がりです。消毒剤の入った歯磨き粉の売り上げが3倍になれば、虫歯も3倍になるという話もあります。

細菌は味方

一般的に細菌は怖がられる存在となってしまっています。ですが、細菌バランスが取れている限り私たちにとって細菌は味方です。私たちだけでなく、地球上に生きているすべての生物にとって細菌は味方をしてくれます。

善玉菌や悪玉菌といったカテゴリー分けを勝手にしているのは人間です。バランスさえ保てていれば悪玉菌と呼ばれる菌も私たちにとって必要な働きをしてくれるのです。そろそろ細菌を目の敵にするのはやめて細菌を味方にする生活に切り替えましょう。